インフォメーション


チュートリアル 初級セミナー
開催日時 2018年11月22日木曜日 15時15分から17時15分(14時45分より受付)
開催場所 福岡国際会議場 C会場 4階・411+412
http://www.marinemesse.or.jp/congress/
主催 SS-MIX普及推進コンソーシアム 日本医療情報学会
医療情報技師ポイント 1ポイント付与
プログラム
1. SS-MIX普及推進コンソーシアムについて
SS-MIX普及推進コンソーシアム会長
高橋弘明
2. SS-MIX普及状況、文書の標準化等
浜松医科大学  木村通男先生
3. SS-MIX2初級編
株式会社SBS情報システム 常務取締役 清水俊郎先生
4. SS-MIX2利活用事例〜活用実績とデータ品質管理・Phenotyping〜
九州大学病院 山下貴範先生
参加費 無料
申込方法 メール受付のみ eri6ellen-cons@ss-mix.org 竹之内恵里宛てにお願いいたします。
SS-MIX普及推進コンソーシアム個人会員のお誘いのみさせていただきます。
その他 医療情報技師ポイント申請の方は当日申請用紙を2枚お渡しいたします。
1枚はご自身の控えもう1枚は手書きなさってご提出ください。
産官学ポスター
(下記画像をクリック 全6ページ PDF形式 1.81MB)
産官学ポスター
第3回 厚労省標準SS-MIX2の利活用事例シンポジウム
開 催 概 要

2015年に実施された厚生労働省の医療施設静態調査によると、一般病院総数7426施設のうち電子カルテ導入病院が2542施設、そのうちSS-MIXの実装病院数は865施設で、SS-MIXの普及率は34.0% でした。
400床以上の病院だけに限ると、710施設のうち、電子カルテ導入病院が550施設、SS-MIXの実装病院は237施設で、SS-MIXの普及率は43.1%でした。
今後は、さらに、SS-MIX2 の普及率は大きくなっていくものと期待されます。
そのような背景の中で、昨年7月に引き続き、今回、第3回厚労省標準SS-MIX2利活用事例シンポジウムを開催することと致しました。

開催日時 2018年7月13日(金)10:30-12:30(10時より受付)
開催場所 東京ビックサイト駅 TFTビル 研修室906
http://www.bigsight.jp/facilities/tft/access/
主催 SS-MIX普及推進コンソーシアム
共催 日本医療情報学会
医療情報技師ポイント 2ポイント付与
プログラム
1.SS-MIX普及推進コンソーシアムについて
SS-MIX普及推進コンソーシアム会長
株式会社NTTデータ  高橋 弘明
2.SS-MIX普及状況、文書の標準化他
浜松医科大学  木村 通男先生
3.SS-MIX2 初級編
株式会社SBS情報システム  清水 俊郎先生
4.広島、沖縄におけるSS-MIXを用いた地域医療連携における課題と実践
株式会社ソフトウェア・サービス  大沼 裕先生
5.『SS-MIX2で広がる診療情報共有』
日本電気株式会社  田中 正人先生
6.SS-MIX2を活用した地域連携システムの概要と導入事例のご紹介
富士通株式会社  渡辺 響先生
参加費 会員、非会員問わず3000円(消費税込み:銀行振込)
医療機関所属の方はSS-MIX普及推進コンソーシアム個人会員入会3000円としてご出席いただきます。
振込先は申込者にお知らせします。
申込方法 メール受付のみ。
申込メール受信後に「受付完了案内 兼 参加票」を返信致しますので、当日会場に参加票を持参いただけますようお願いいたします。
受付 eri6ellen-cons@ss-mix.org 竹之内恵里
締切 2018年6月20日(水)
シンポジウム定員 200名
定員200名になり次第、締め切らせていただきます。
ふるってご参加ください。
ページトップへ